関東大学春季大会 対日本大学

投稿日時:2015/06/14(日) 22:00rss

 関東大学春季大会Cグループの最終戦、優勝をかけた専修大学対日本大学戦が6月14日(日)、専修大学伊勢原グランドにて行われました。
 前半は、4分にモールからフランカー吉國のトライで先制。その後はなかなか風下で敵陣へ入れず苦しい展開でしたが、低いタックルで相手の攻撃を防ぎました。終盤に2トライを許したものの5-12で前半を折り返し。後半は6分にナンバー8徳田のトライで同点に追いつき、その後も効果的にエリアをとり、22分にフルバック田辺のトライ、32分にペナルティゴール、39分にスタンドオフ工藤の華麗なドロップゴールで追加点をあげ、25-12で勝ちました。後半は特に失点を0に抑えたディフェンスが良かったです。
 関東大学春季大会には今年初めて出場しましたが、5戦全勝で優勝することができました。慢心することなく、秋のリーグ戦に向けてさらにチーム力をアップしていきたいと思います。
 BチームもAチーム以上の気合で望み、前半は13-12でリートしましたが、後半は攻撃を防ぎきれず4トライを献上し、13-38で敗れました。
 本日もたくさんのご声援をいただきありがとうございました。次戦は、6月27日(土)に、東海大学と東海大学グランドにて行います。応援よろしくお願いいたします。





 

コメント


名前:
メールアドレス:
コメント:

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:
2019/11/30
上柚木陸上G
専修大学 中央大学
26 5

アーカイブ

コメント一覧

強かった時代を知る者/[プレミア] 対立正大学
田中新吾(崇徳出身)/ジャージ授与式、CDvs東海大E
強かった時代を知る者/菅平合宿7日目
強かった時代を知る者/菅平合宿1日目
kappaman/合宿7日目

ブログ検索

キーワード

トラックバック一覧