関東大学春季大会④ 対日本大学

投稿日時:2016/06/05(日) 20:15rss

 関東大学春季大会Cグループの第4戦、専修大学対日本大学戦が6月5日(日)、日本大学グランドにて行われました。
 前半は、15分までに3トライを奪われ最悪の立ち上がりとなります。24分にウイング夏井がこの試合初トライをあげ、34分にもワイドに展開しフルバック田辺がトライ。前半は12-21で終了。後半先に得点(トライ)を許すもキャプテン古屋のトライで追い上げます。何とか追いつこうとアタックしましたが、今日はミスが多く、逆に2トライ追加され19-40でノーサイドとなりました。Bチームの試合は、センター光吉の連続トライでリード。そのあと3トライ奪われるもプロップの梶原・束田、フルバック竹内のトライで29-21でリードし前半を終了。後半は4連続トライを奪われ逆転を許し、2トライを返すだけにとどまり、最終スコアは43ー56でした。
 本日は両チームともにミスが多く、タックルの精度が悪かった点は前の試合から改善されませんでした。次戦に向けてしっかり修正していきます。
 本日もたくさんのご声援をいただきありがとうございました。春シーズンの試合は残り少なくなりましたが、応援よろしくお願いいたします。

コメント


名前:
メールアドレス:
コメント:

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:
2023/12/16
熊谷ラグビー場
専修大学 立正大学
19 28

アーカイブ

コメント一覧

強かった時代を知る者/[プレミア] 対立正大学
田中新吾(崇徳出身)/ジャージ授与式、CDvs東海大E
強かった時代を知る者/菅平合宿7日目
強かった時代を知る者/菅平合宿1日目
kappaman/合宿7日目

ブログ検索

キーワード

ブログテーマ

トラックバック一覧