関東大学春季大会/春季オープン戦 日本体育大学戦

投稿日時:2019/05/19(日) 23:14rss

 5月19日(日)、日本体育大学グラウンドにて専修大学対日本体育大学の関東大学春季大会と春季オープン戦が行われました。
 関東大学春季大会は12時より行われました。前半、ラインアウトから右に展開しボールを運び、FB檜山がトライし先制点を奪います。その後、ラインアウトからBKへ展開しSO郡司がキックしたボールをCTB平山が取りそのままトライ!中盤、ラインアウトからモールを形成しHO宮本がトライを決めます。続いてラインアウトからフェイズを重ね、LO山極もトライを決め点差を広げます。終盤には、FB檜山がインターセプトしそのまま走り切りトライ!その後ラインアウトからモールを形成しPR栗山がトライを決めます。最後はBKに展開したボールを貰いFB檜山がこの試合3日目のトライを決め、45-0で前半を折り返します。後半、敵陣ラインアウトからLO山極がボールを持ち出し大きくゲイン、その後パスで繋ぎFL折居のトライ。続いてFB檜山がペナルティーゴールを決め点差を広げます。中盤、ラインアウトからBKがスパースを突く攻撃をしWTB水野(景)が中央にトライ。続いてゴール前でペナルティを貰いタップキックからNo8山下がトライを決めます。その後CTB𠮷尾が相手のミスからボールを奪い60mを走り切ってトライ!終盤、スクラムからBKに展開しWTB水野(景)がこの試合2回目のトライを決めます。最後は敵陣ラインアウトからモールで攻め込み、その後CTB夏井(大)がFWとBKの間を突き中央トライしノーサイド。90-0で快勝致しました。
 春季オープン戦は13時45分から行われました。前半、ラックサイドからボールを持ち出しパスを繋ぎNo8石川が先制点を奪います。その後、スクラムからBKで展開しフェイズを重ね夏井(勇)がトライを決めます。その後2トライ奪われ12-12の同点に。CTB松尾(東)が中央敵陣10mからペナルティゴールを成功させ15-12となりますが、その後2トライ返され逆転。15-24で前半を折り返します。自陣ラインアウトからフェイズを重ね、ゴール前まで攻めこみLO川畑がトライします。その後WTB阿久津、No8ウェストブルックもトライを決め点差を広げます。その後1トライ返されますが、敵陣ラインアウトからNo8ウェストブルックが個人技で5人を抜きそのままトライ!続いてSO森野もペナルティーゴールを決めます。終盤にはキックオフからターンオーバー、ボールを外に展開しLO田邊のトライ。最後はHO坂本がラックサイドを突きトライを決めノーサイド。54-38で勝利致しました。
 本日は遠方より沢山の方々にご声援いただき誠にありがとうございました。次戦は、5月26日(日)、関東学院大学グラウンドにて行われる、関東宇学院大学との試合になります。関東大学春季大会も残り2戦となりました。選手一同一生懸命戦って参りますので、どうぞ応援よろしくお願い致します!!

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:
2019/08/28
27日17時に決定の予定
専修大学 vs 流通経済大学C
2019/08/28
27日17時に決定の予定
専修大学 vs 流通経済大学B
2019/08/25
菅平サニアパーク M
専修大学 日本体育大学B
45 19

アーカイブ

コメント一覧

強かった時代を知る者/[プレミア] 対立正大学
田中新吾(崇徳出身)/ジャージ授与式、CDvs東海大E
強かった時代を知る者/菅平合宿7日目
強かった時代を知る者/菅平合宿1日目
kappaman/合宿7日目

ブログ検索

キーワード

トラックバック一覧