ラグビー部の歴史

 
 
昭和4年(1929年)
同好会として専修大学ラグビー部発足。
 
昭和6年(1931年)
この年に、Sのマークを胸に正式に体育会ラグビー部として発足。
 
昭和8年(1933年)
月島に専用グランドが完成。初めて監督制度を採用し、本格的に戦力を強化。
昭和9年秋には、当時ビッグセブンと称された7校のうち、東京帝国大学、東京商科大学を撃破する快挙を成し遂げた。
 
昭和22年(1947年)
敗戦による混乱の中でラグビー部再開。
 
昭和30年(1955年)
Bブロックで戦うも苦戦が続く。
 
昭和40年(1965年)
伊勢原総合グランドに加え、菅平にも専用グランドが完成。
昭和42年、リーグ戦グループの母体である関東大学ラグビー連盟が結成。
昭和43年、リーグ戦グループで初優勝を果たした。
 
昭和48年(1973年)
昭和46年に韓国遠征、昭和48年には高麗大学が来日し、18-14で勝利。
この年、5年ぶりにリーグ優勝し、対抗戦グループの青山学院大学を破り全国大学選手権に出場。
準決勝に進出したが、早稲田大学に善戦するも敗退。
 
昭和56年(1981年)
アイルランドのダブリン大学が来日して対戦、破れはしたが善戦。
リーグ戦は2位となり交流試合で日本体育大学を破り、全校大学選手権に出場。準決勝で早稲田大学に敗退。
 
昭和57年(1982年)
リーグ戦グループで4回目の優勝は、創部以来初の全勝優勝で飾った。
対抗戦グループとの交流試合は日本体育大学と対戦したが引き分けた。(抽選負け)
 
平成元年(1989年)
昭和60年代は各校の実力が拮抗し苦戦が強いられたが、村田亙主将の元、7年ぶりの優勝を勝ち取る。
対抗戦グループとの交流試合は明治大学と対戦したが引き分けた。(抽選負け)
 
平成5年(1993年)
この年関東大学リーグ戦で5位となり、全国大学選手権に出場したが、明治大学と対戦して破れた。
 
平成8年(1996年)
関東大学リーグ戦で3勝4敗。5位で全国大学選手権に出場したが、同志社大学との対戦に破れ、初戦突破ならず。
 
平成12年(2000年)
関東大学リーグ戦において2勝5敗。5位で全国大学選手権に出場したが、前回出場に続いて同志社大学に破れた。
 
平成14年(2002年)
関東大学リーグ戦で7敗を喫し、8位の最下位となる。1部・2部入替戦では山梨学院大学に破れ、無念の2部降格となった。
 
平成24年(2012年)
OB村田亙(H2/卒)を監督に迎え、1部復帰へ向け再起。
2部10年目を迎えるも、今期も3位に留まり1部昇格はならなかった。
 

 
平成26年(2014年)
関東大学リーグ戦を6勝1敗の2位となり、6年ぶりの入替戦へ進出。1部7位の日本大学と対戦し、逆転勝利を収め13年ぶりの1部復帰を果たす。
 
平成27年(2015年)
関東大学リーグ戦1部に13年ぶりに復帰し15年ぶりを白星をあげたが1勝6敗の7位となり入替戦へ。2部2位の関東学院大学との対戦で破れ、2部降格となった。
 
平成29年(2017年)
関東大学リーグ戦2部において、7戦全勝で初の2部優勝。入替戦では、1部8位の関東学院大学と対戦し、前半から圧倒して勝利し、3年ぶりに1部復帰を果たす。
 
2018/12/08
熊谷ラグビー場BG
専修大学 東洋大学
42 24